トップバー

卓球連盟

創立年月日:昭和33年2月16日

歴代会長          在任期間
愛好会会長 松本 三郎昭和28年4月~昭和33年2月(卓球連盟の前身卓球愛好会の期間)
初代荻野 丑松昭和33年2月~昭和42年5月
2代高橋 一夫昭和43年4月~平成19年3月
3代小野寺 淳平成19年4月~現在

体協加盟年月日:昭和33年2月16日
会員数:92団体 615名 内訳 男子39団体 287名 女子53団体 328名

沿 革
府中の卓球もやはり戦前にさかのぼり、銀座商店街西側(現在宮町けやき並木付近)にあった卓球場で行われていた。
戦後も続けられていたが卓球のボールや台の規格変更によりいつしか閉店と消えてしまった。
しかし、ここで灯された卓球の灯は愛好者の卓球熱として受け継がれてくるのです。
卓球おばさんを慕って集まり、その後西垣卓球場(美好町1丁目)が開設され多くの卓球愛好者は、府中市の選抜選手の合同練習も行なわれ活況を呈しました。
大先輩、元日本卓球協会参与・永久名誉会員であった井坂信太郎先生(押立町在住2001年4月逝去)も西垣卓球場の愛好者であった。
昭和28年「府中で卓球クラブ」をと、当時東芝府中工場卓球部監督波多野文蔵氏等が中心に事業所や愛好者に呼びかけ、第1回町民卓球大会を開催すべく集まりが宮町行在所の一室で裸電球の明かりのもとで開かれ、多くの愛好者で会の発足に向け協議が続けられました。
そして愛好会が発足し、会長に松本三郎氏(当時教育長)、理事長に波多野文蔵氏を選出し、記念大会としてその年4月に第一回町民卓球大会を第一中学校講堂で開催することが出来ました。

主な事業
1.主管事業
 1) 連盟加盟者選手権大会
 2) 府中オープン卓球大会
 3) 加盟団体上期リーグ戦
 4) 壮年ダブルス卓球大会
 5) 公私立中学校卓球大会
 6) ニッタク府中レディース卓球大会
 7) ジュニア卓球大会
 8) 市長杯争奪卓球大会
 9) 加盟団体下期リーグ戦
2.市民体育大会秋季大会 卓球競技会
3.スポーツレクリェーションフェステバル ラージボール卓球
4.選手派遣事業
 1) 都民体育大会春季大会 卓球競技
 2) 東京都市町村総合体育大会 卓球競技
5.講習会・その他の事業
 1) ジュニア強化育成事業
 2) 連盟指導者研修会

卓球詳細ボタン