トップバー

水泳連バー

創立年月日:昭和35年5月4日

歴代会長          在任期間
初代松山 幸治昭和35年5月4日~昭和43年3月31日
2代林  光雄昭和43年4月1日~昭和53年3月31日
3代小川 孝司昭和53年4月1日~平成2年3月31日
4代渡辺 俊雄平成2年4月1日~平成19年3月31日
5代近藤 靖明平成19年4月1日~現在

体協加盟年月日:昭和35年4月1日
会員数:120 名

沿 革
昭和28年に第一・小学校の北側に50mプールが完成し、同年9月19日プール開きが実施されました。
当日は、元オリンピック監督の松沢一鶴氏と選手の小池礼三氏、日本泳法向井流木妻義勝氏、水府流岡崎高志氏などの大先輩の特別参加による模範泳法の披露があり、プール開きに花を添えられました。
翌年、昭和29年8月20日には、市制祝賀市民水泳大会が開催され、おりしも国民皆泳の日で、開会式の模様は、日本放送協会(NHK)の電波で日本全国に放送されました。また、当日のエキジビションには、日本泳法各流儀の泳法披露と、トビウオの名で一躍世界を風びした古橋選手、橋爪選手による模範演技と、水泳指導が行われ市制祝賀市民水泳大会の雰囲気を盛り上げました。
前年に続き2年連続して水泳界の超一流泳者の模範演技を目の当たりにし、一気に水泳熱が湧き上がり、プール開設以来連日満員状態だったことを思い出されます。
今思えばこの時が水泳連盟誕生の下地が築きあげられてゆく時期であったように思われます。

主な事業
1.主管事業
 1) 水泳記録会
2.市民体育大会夏季大会 水泳競技会
3.選手派遣事業
 1) 都民体育大会夏季大会 水泳競技
 2) 東京都市町村総合体育大会 水泳競技会
 3) 都民生涯スポーツ大会 水泳協議

水泳A水泳B

詳細ボタン