トップバー

陸上競技協会バー

創立年月日:昭和22年3月

歴代会長     在任期間
初代野口 栄治昭和30年~昭和33年
2代村木 貞介昭和33年~昭和52年
3代影山 貞吉昭和53年~昭和57年
4代小林 哲蔵昭和58年~平成7年
5代小島 壽一郎平成8年~現在

体協加盟年月日:昭和33年2月16日
会員数:870名

沿革・活動状況
 府中市陸上競技協会は、府中市を代表する種目別競技団体の一つとして市民に対して陸上競技の普及、発達に努めております。
 本会の前身は、戦前、戦中、戦後における青年団のスポーツ活動の一環として
歩んできたもので、先輩が築いた多摩地区における陸上王国府中の輝かしい実績を基盤に昭和22年「府中陸協」が設立されました。
 当協会の主な事業を拾ってみると、交通事情の悪化に伴い度々コースの変更を余儀なくされてはいるが伝統ある府中駅伝競走大会、一般市民の陸上競技選手権大会、市内中学生を対象にした学校対抗の野口杯争奪戦、各種記録会、市民体育
大会、そして最近では大きなイベントとなりつつある府中多摩川マラソン大会等であり、特に府中多摩川マラソンでは瀬古利彦選手がロード20km日本最高記録を樹立しています。
 一方対外的な大会には市代表選手を派遣し、都下一周駅伝では通算4回の優勝、また、都民体育大会陸上競技・駅伝、そして、市町村総合体育大会陸上競技でも度々優勝や上位入賞等数々の成果をおさめております。
 これからも地域社会にあって市民スポーツの発展に寄与すべく限りない活動を続けるつもりです。

主な事業
 1. 主管事業
 1) 府中市陸上競技選手権大会兼野ロ栄治杯争奪市内中学校対抗陸上競技大会
 2) 府中市陸上競技記録会
 3) 府中多摩川マラソン大会
 4) 府中駅伝競走大会
 2. 市民体育大会 陸上競技会
 3. 選手派遣事業
 1) 都民体育大会冬季大会 駅伝競走
 2) 都民体育大会春季大会 陸上競技・
 3) 東京都市町村総合体育大会 陸上競技
 4. 講習会その他の事業
 1) ジュニァ強化育成事業
 2) 審判講習会

陸上B

詳細ボタン