トップバー

空手道連盟

創立年月日:昭和45年4月27日

歴代会長          在任期間
初代清水 喜三郎昭和45年4月~昭和48年3月
2代加藤 秀夫昭和48年4月~昭和54年4月
3代玉置 省吾昭和54年5月~平成10年2月
4代神谷 孝平成10年3月~平成26年3月31日
5代下田 正男平成26年4月1日~現在

体協加盟年月日:昭和46年6月11日
会員数:952名

沿 革
昭和45年4月事務局を清水道場、清水喜三郎氏を会長に推戴し創立し、府中市体育協会及び東京都空手道連盟に加盟を申請するとともに、同年6月の第23回都民体育大会へ初の参加を行なった。
また同年11月には、第13回府中市民体育大会秋季大会にて府中市在住在勤の空手道家91名を集めて空手道競技会を開催(於:府中刑務所武道館)。これを機に、自衛隊空手道部、日本電気空手道部、錬心館(現武術舘)、多摩電気、錬心館日本電気、府中工業高校が加盟し、昭和46年5月の府中市体育協会理事会において体協への本加盟が承認された。
その後も、昭和51年5月並びに平成17年5月には東京都体育協会会長から優良社会体育団体として表彰を受けるなど積極的な活動を行い、サントリー、沖縄空手道道士会、小林流聖武館、日本空手道修武会、敬武会の新規加盟、変遷を経て、現在に至っている。平成19年8月現在、6団体約340名が所属(清水道場・武術舘・日本電気・聖武館・修武会・敬武会)。

主な事業
1.主管事業
 1) 府中市空手道選手権大会
 2) 少年・少女(小学生)空手道競技大会
2.市民体育大会秋季大会 空手道競技会
3.選手派遣事業
 1) 都民体育大会春季大会 空手道競技
 2) 東京都市町村総合体育大会 空手道競技
 3) 東京都空手道選手権大会
 4) 東京都小中学生空手道大会
4.講習会・その他の事業
 1) 審判講習会

詳細ボタン