トップバー

クレー射撃

創立年月日:昭和48年3月1日

歴代会長     在任期間
初代宇津木 辰巳昭和48年3月~昭和52年2月
2代谷中 秀雄昭和52年3月~昭和56年2月
3代鈴木 健司昭和56年3月~平成6年3月
4代宗村 勝三平成6年4月~平成13年3月
5代瀬戸口 巽平成13年4月~平成22年3月
6代安藤 哲夫平成22年4月~平成26年3月31日
7代大東 壮次平成26年4月1日~現在

体協加盟年月日:昭和54年8月1日
事務所所在地:府中市四谷3-50-37
会員数:64名

沿 革
昭和48年3月に、当連盟は、銃砲による狩猟を愛好する仲間が集まり、クレー射撃を通じ、相互の親睦を深め、クレー射撃の技術と安全の向上を図ることを目的に、『府中市射撃連盟』として発足しました。
この頃、三多摩地域でもクレー射撃大会が多く開催されるようになり、各支部連盟対抗も行われるまでに発展しました。このような状況から、市内の狩猟愛好者がクレー射撃を行い、技術の向上と危険防止のために力をあわせることが必要となり、有志が集まり連盟を発足させることになりました。
当時、連盟の設立を中心となって進めたのは、浅野博昭氏、伊藤友治氏、宇津木辰己氏、塩沢秋蔵氏、都築繁夫氏、藤森真氏、谷中秀雄氏、瀬戸口巽氏でした。
当時を振り返ると、銃砲による狩猟を愛好する仲間の組織として、府中猟友会(昭和25年~)があり、多くの方々が所属され活発に活動をされていました。

主な事業
1.主管事業
 1) 4月~9月毎月定例射撃会
 2) 射撃練習会(年会2回)
2.市民体育大会秋季大会 クレー射撃競技会
3.選手派遣事業
 1) 都民体育大会春季大会 クレー射撃競技
 2) 東京都市町村総合体育大会 クレー射撃競技

クレー射撃1クレー射撃3クレー射撃2クレー射撃4

詳細ボタン